最近読んだ本

PerlとHaskell使いにはおなじみのオードリー・タン

ProductName オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る
プレジデント社 / ¥1,980 (2020-11-29)

Rebuildのこの回を聞くのも良いでしょう

以下は速読用

最初の本は結構読みづらかった(いいことはちょいちょい書いてあったが)

ProductName フェイスブック流 最強の上司
マガジンハウス / ¥1,760 (2020-09-17)

SDGsは難しいよね、、、

ProductName Q&A SDGs経営
日本経済新聞出版 / ¥1,650 (2019-10-18)

Enjoy Currying

この記事はCurry Advent Calendar 2020の13日目の記事です。しらんけど。

ルーを使わないスパイスのカレーつくるだけならそれほど手間がかからないのだけど、意外と知らない人が多いようなので今回は啓蒙も兼ねてエントリーを書いてみます。材料の入手方法からだけど大体アマゾンでOK。

スパイス

使うのは、クミンシード、コリアンダーパウダー、ターメリック、カイエンペッパー(チリパウダー)の4種類あれば良いです。

継続するかどうか不安な方はとりあえずセットのやつを手に入れればいいと思います。

ライス

ライスはバスマティライスです。インド人の同僚もこれを薦めていたので間違いないと思います。茹で方はショートパスタとほとんど同じで、日本の米を炊くより楽ちんです。10分茹でて湯切りして鍋に戻して放置と決めているので一度やったら忘れません。

その他用意するもの

後は鶏もも肉、玉ねぎ、トマト、ニンニク、生姜を用意すればよいです。

ニンニク、しょうがはめんどくさいときはチューブのやつをつかうので、チューブを買ってストックしてありますが、初めて作るときは感動が少し減るので、フレッシュなやつを愛情込めてみじん切りにするなりおろすなりするとよいでしょう。

トマトはフレッシュでも水煮でも良いですが、イタリアのトマトは味が濃すぎるというかすっぱすぎるのでそのあたり注意したほうが良いです。私はストックしておきたいのと、缶だと捨てるのがめんどいという理由で紙パックのトマト水煮を家に沢山ストックしてあります。

作り方

この通りにやりましょう。足りないスパイスは無視でよいです。

書籍としては渡辺玲先生のこれがよいです。

ジャガイモが入ってねーぞっていう人はアルゴビを一緒に作っておけば良いんじゃないでしょうか?

より良く働くためのワークマネージメント

Asanaというタスク管理ツールの紹介がメインの本

1,2章は一般論なので面白かった。

ワークマネージメントで誰が何をしないといけないか明確にする

  • ビジネスの目標を設定する
  • 目標達成のために必要な仕事を設定する
  • 誰が担当し、いつまでにやるのかを設定する
  • それぞれの権限と責任範囲を設定する

とあるが、このあたりはredmineでもできるはず。

  • Asanaを使うと自然に報連相ができてしまう
  • Toに二人以上いれると誰からも返信がこない

ダッシュボードとかが良くできているような気がした。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とはなにか?

DXに関する情報を頭に入れておかないといけなかったので何冊か本を読んだ結果、 デジタルというキーワードをテコにして組織変革をしましょう というだけのバズワードだった。

企業がIT部門を技術職集団と位置づけず、経理の延長とかSIみたいにMS製品やSAPみたいなパッケージ調達部署にしたからこういうよくわからないアイデアが出てくるんじゃないのかな?

この本が一番面白かった。組織変革について具体例を挙げながら丁寧に解説していた。ただ、RPAに重きを置きすぎている感はあるけど、読むならこれが良いと思う。

ProductName 未来IT図解 これからのDX デジタルトランスフォーメーション
エムディエヌコーポレーション(MdN) / ¥825 (2020-06-16)

経産省のガイドラインによると、DXとは

「デジタル技術を活用して顧客や社会のニーズの基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化、フウロを変革し競争上の優位性を確立すること」

だそうです。当たり前な感じがするが、、、

本書は特に読むべき点がなかったけど、コラム3のデジタル人材はセミナーや研修では育たないという話が面白かった。まぁパッケージ調達するような人たちに研修受けさせても別に組織改革にはつながらないですよねっていう当たり前のことではないかと思ったけど。

ProductName デジタル変革とそのリーダーCDO
同文舘出版 / ¥2,750 (2019-09-07)

本書ではITとデジタルの違いについて論じていてITを「内向きのIT、価値創造のためでないIT」でデジタルを「外向きのIT、価値創造のためのIT」と定義していて、苦しい定義だなと思った。

DXプロジェクトをITベンダーに丸投げすれば、新しいバズワードが生まれて、「内向きのDX、価値創造のためでないDX」「外向きのDX、価値創造のためのDX」というおかわり可能なビジネスモデルでITベンダーはハッピーになれますね。

つながりの強さではなくどういう情報をやり取りするかが重要

「弱い紐帯の強さ」信者の私は強連結でない関係性というのを大切にしているし、twitterみたいなゆるいつながりのSNSもまたアイデアの源泉として重宝している。

さて、在宅勤務がデフォルトになってすでに半年が過ぎたわけであるが、たまに会社に行かないと色々と不都合を感じることが多くなった。最初の頃は、単にはんこを押すため出社であったのだが、最近は定期的に雑談という名のどうでもいい情報のやり取りをしに行くことが増えたのである。

まぁ、色々考えてみるに、つながりの強弱が新しいアイデアに重要なのでなく、つながりのなかでどの程度の質の情報をやり取りするかが重要なんだろうなーという結論に至った。雑談って強連結ネットワークの中で無意識的にブレインストーミングやってる感じなのではないだろうか?

Kindle Fire10を購入した

つい先日のprime dayでkindle fire10を購入した。もともと8を使っていたのだけどバッテリーがヘタってきたのと最近固定レイアウトの書籍もkindleで読むことが増えたので大きいサイズに変えたくなったのだ。

なんといっても羊土社の実験医学を拡大せずに読めるのが嬉しい。fire8で拡大して読んで縮小しながらページ送りするのは相当な苦痛であった。

Accounting Hacks

キャッシュフロー計算書の存在意義がよくわからなかったのだけど、粉飾とか黒字倒産を見破るツールとしては非常に有効であることを理解した。

会計をハックすなわちどう粉飾するかという手口から理解するのが会計のメカニズムを理解するのが私にとっては手っ取り早いので、この本は非常に役に立った。

  • P/Lを偽装するとキャッシュフロー計算書が歪む
  • 貸付による支出は粉飾の際よく見られる
  • 売上債権回転期間、棚卸資産回転期間が長期化している場合は注意
  • 仕入債務回転期間が伸びている場合、信用不安の可能性をチェック
  • 一人あたり売上高の急激な伸びに注意
  • 借り入れなどの財務CFや投資CFの支出を営業CFの入金として処理するのがCF改ざんの手口
  • 増資の資金を貸付として資金提供者に還流したり、現物を過大見積もりするのが架空増資の手口

こっちの本は、利益剰余金をどう捉えるかという観点で説明してあって、流し読みにちょうどよかった

  • 決算の中心は貸借対照表(財政状態計算書)
  • キャッシュフロー計算書は黒字倒産を把握するために開発されたツール
  • IFRSでは経常利益がなくなる

エンゲージメント カンパニー

暇だったので読んでみた。

小川糸の食堂かたつむり的な独善的なストーリー展開はちょっと好みではないが、このストーリーのおかげで速読しやすかった。つまりエビデンスがちょっとあれだなーと思う部分が多々見受けられた。

ProductName エンゲージメント カンパニー
ダイヤモンド社 / ¥1,760 (2020-07-30)

250ページを大体1時間強で読み終えた。最近のスタートアップとかでは当たり前の採用手法や働き方を、それを知らないような(伝統的な)企業の人事の人達にストーリー仕立てで伝えて、彼らのマインドをアップデートさせることを目的としているような本かな。

わかった気にさせる本としてはよいと思った。実践できるかどうかは全く別でしょうな。

  • ワーク・ライフ・フィット
  • リファラル採用
  • WIIFM
  • Rational, Emotional, Motivational
  • オンボーディング
  • エンゲージメントカンパニーとは

食堂かたつむり

ProductName 食堂かたつむり (ポプラ文庫)
ポプラ社 / ¥585 (2018-04-20)

夢の叶え方

自分の生き方としてこのあたりはあまりぶれてなくて、子供の教育に関しても同様に場さえ与えればいいんじゃないかなと考えいてる。

特に読書環境というか、読むべき本という場に関しては色々と気を使っていると思うので誰か読んでくれればいいなぁと買ってみた。

面白いけど、わかっているからわかる系の本だよなぁと思ったが、このあたりはわかった上でどうしたいかというのを考えるフェーズが高校時代にあるほうが今どきは健全だよなーと思わないでもない。

ファイナンス力を上げる

突然、「なんか新しいことでも学ぶか」と久しぶりに図書館をぶらついてファイナンスの本を借りてきて、この土日で読んだ。

この本がとてもわかりやすかった。

ProductName 世界一やさしい 決算書の教科書1年生
ソーテック社 / ¥1,518 (2017-10-21)

  1. 資産回転率が高い会社は資金難のときに売るものがない
  2. 固定資産の取得学が減価償却費より多い会社のほうが将来性が高い
  3. 売上原価を見るときは棚卸資産も必ずチェック
  4. 付加価値の何割の営業利益が出ているかを確認

まぁ、せっかく学んだので、実践しないとなととある会社のの決算を分析しながら答え合わせしてみたら、ほー!となった。 自分のいる業界だと、特に2がやばいところは転職しないようにしなきゃなと強く誓ったのであった。

こっちは逆にあまり響かなかった。業界分析とかするのにはいいかな。

ProductName 日本一やさしい「決算書」の読み方
プレジデント社 / ¥1,415 (2015-10-29)

マクロに捉えたい場合にこの本は良かった。

ECとかフィンテックの具体的な読み方が書いてあってよかった。linkedin買収の流れが一番面白かった。

10年近く積んだままになっている「経済学という教養」を読もうかな。

ProductName 増補 経済学という教養 (ちくま文庫)
筑摩書房 / ¥825 (2018-08-24)