今日の負け将棋(20140902)

記法の導入に加えてrequestsを使って自動的に棋譜を入手し、更に対戦相手を匿名化してみた。

なんか対戦相手のハンドルネームを出さないのがマナーみたいなので(将棋ウォーズだと普通に公開されているのであまり気にしなかったし、自分が気にしないので…)

初段のヒト

三間飛車にしてみたら穴熊組まれていいとこなし。三間飛車も覚えないとなぁ…

2級のヒト

向かい飛車から穴熊にしようと思ったけど美濃囲いで良かったかな。あとは向かい飛車の手筋がw

2級のヒト

馬に成られたのが良くなかったのかな…

2級のヒト

全然いいところがなかった

pychembldbをChEMBL19に対応させた

Schema一緒なので旧バージョンでも普通に動くんだけど、テスト周りとドキュメントを変更しました。

使い方はコレを参照して下さい。

また、製薬業界的にというか実践的なchemoinformaticsという意味でインパクトの大きいのが 特許構造のsdfがオープンデータになったではないでしょうかね。

誰でも手軽に(スクリーニングデータではなく)構造最適化プロセスを経た化合物のリストを解析できるようになるっていうのは結構アツいものがありますね。ネットワーク解析とか楽しいだろうし。

次回のMishima.syk(10/25です)ではそのあたりの話かハンズオンをやりたいなーと思っているので、興味のある方は参加して下さい☆

日本酒ラベルの特徴点抽出

今月出番らしいので実践コンピュータビジョンを読み返している。ここ一年くらい興味が読書とか将棋に移ってしまいプログラミングへの関心がちょっと薄れてたけど、写経しだすとやっぱプログラミングは面白いですね☆

ProductName 実践 コンピュータビジョン
Jan Erik Solem
オライリージャパン / 3150円 ( 2013-03-23 )


ちなみに8章はサポートベクターマシンとかkNNを使った画像認識なので2章と7章を事前に読んでおけばいい感じです。

それから久々の富士開催なので、これを機会につけナポリタンとか杉山フルーツの生ゼリーとか食べるといいかと思います。

富士がんもいっちもあったわ。

8章では画像の特徴量としてSIFT記述子を使うので、それを使って最近飲んだ日本酒の画像の特徴抽出をしてみた。

萩の鶴 夕涼み

柔らかい酸と甘さが特徴の萩の鶴

1409619062

風鈴と猫が特徴が出ており、夕涼み感が感じられる

hagi

庭のうぐいす おうから

庭のうぐいすは、結構好きなんだけどおうからはちょっときりっとしすぎな感じでいまいちだった。 燗つければよかったのかなぁ。

1409619064

庭のうぐいすらしくなかったので、うぐいすが特徴としてあまり出てこないのも納得。さすがSIFT

uguisu

澤屋まつもと 守破離

酸が強めのお酒が飲みたくて購入

1409619066

円の大きさに酸の強さが現れているはずw

matsumoto

一白水成 特別純米酒

安定した美味しさ

1409619067

サークルの数が美味さを表している☆

suisei

秋鹿

秋鹿、美味いよねー 序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど…俺は、負けないよ

1409619069

というような決意が特徴として現れていますね

akishika

結論

日本酒のラベルの画像から特徴抽出することで、日本酒の美味さをある程度反映することができる事がわかりました。 興味をもたれたら静岡Developers勉強会 コンピュータビジョン vol.8に参加するといいと思います。

今日の負け将棋(20140901)

角道開いたのに気付かなかった。酔っ払い負けw

こっちも優勢だったのに寄せきれなかった。

81手目は4一銀だったな。一間龍にこだわってしまったw

ProductName 相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)
藤井 猛
浅川書房 / 1404円 ( 2007-06 )


稲荷寿司をつくった

ご飯と油揚げの準備だけはしたけど、詰める作業はしてない…

1409396423

美味しく出来た☆

xlsの日付はfloat型

最近はxlsでダウンロードしてきたデータをxlrdで読みだしてSQLAlchemy経由でoracleにimportするようなものを作っている。

Excelで日付が文字列として入っている場合は strptime, fromtimestamp, mktimeを組み合わせてOracleに突っ込めばいい。

普通にExcelのDate型の場合、実態はfloatらしいので読み出すときにちょっと困るが、Date型ではいってる場合はxldate_as_tupleっていうxlrdのユーティリティ関数を使って

publication_date = datetime(*xldate_as_tuple(sheet.cell(r, 21).value, wb.datemode))

みたいにできる。

でもExcelなのでというか、parse出来ないよエラー(floatの値が何故か小さすぎる?)とかValueErrorとか普通に出るというか、元データがダーティ過ぎてそっちの対応に四苦八苦してたw

今日の負け将棋(20140829)

1級のヒト。

手番がまわってきたら詰んだのだけど、そのまま寄せられた。

銀冠の良さが最近分かってきた。

今日の負け将棋(20140828)

3敗…そして達成率も8%下がった。最近は2級40%台をうろうろしている。

7四突いてきたのにうっかり逆棒銀にしてしまった。

相四間飛車だと早めに位を取らなきゃいけないのかな? よくわからんうちに負けたので作戦がダメだった感じ

初段のヒト。

腰掛け銀から穴熊に入られてしまってどうしようもなくなった。 最後頑張ってみたけど、思い出王手ってやつ?w

そういえば「相振り飛車を指しこなす本」を注文してあったのでそろそろ届くはず

ProductName 相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)
藤井 猛
浅川書房 / 1404円 ( 2007-06 )


今日の負け将棋(20140827)

左銀も上がってきたから4五歩突いちゃったけど別に突いてはいけなかった。

ファイルの改行が\r\nなのか\nなのか調べる

odで見る方法もあるのね。

>od -c [file]

わかりやすいw

0000000  212   J 216   n 223 372 216 236 201   F   2   0   1   4   /   0
0000020    8   /   2   6       2   0   :   5   2   :   5   9  \n 212 373
0000040  220 355 201   F 217 253 212 373 203   E 203   H 201   [ 203   Y
0000060    (   1   0 220 330   )  \n 216 235 202 277 216 236 212   ԁ  **
0000100    F   1   0 225 252 220 330 202 352 225 211 202 257  \n 216  荇
0000120   **  ** 212 204 201   F 225 275 216 350  \n 220 346 216 106 201
0000140    F   m   e   f   j   u   z  \n 214 343 216 350 201   F   b   e
0000160    e   n   u   n   i   t   e   d  \n 216  萔  **  **   -   -   -
0000200    - 216   w 216 350   -   -   -   -   -   -   -   -   - 217 301
0000220  224     **  ** 212 324   -   -  \n   1     202   V 230   Z 225
0000240  340   (   7   7   )               (       0   0   :   0   0   /
0000260    0   0   :   0   0   :   0   0   )  \n   2     202   Q 216   l
0000300  225 340   (   2   3   )               (       0   0   :   0   1
0000320    /   0   0   :   0   0   :   0   1   )  \n   3     202   U 224
0000340  252 224 362   (   2   8   )               (       0   0   :   0
0000360    1   /   0   0   :   0   0   :   0   1   )  \n   4     202   R
0000400  216   l 225 340   (   3   3   )               (       0   0   :
0000420    0   3   /   0   0   :   0   0   :   0   4   )  \n   5     202

尚、試したファイルはshift-jisエンコーディングの改行が\nのファイルでした。