英語の読み方 ニュース、SNSから小説まで

Amazonのおすすめに出ていたので読んでみた。

「結局語彙を覚えなきゃならないけど、多読しかないかな」という結論に至った。

精進しよ。

ポケモンGO(Lv. 46)

前回から2ヶ月ちょいくらい。次のレベルは3,4ヶ月後になりそう。

Mishima.syk #17 やりました

Mishima.syk #17に参加された皆様お疲れさまでした。

今回は2回目のオンライン開催だったので、準備に関してはちょっと慣れたしDiscordの使い方もうまくなったと思います。今回は前半はサイエンス寄りの話で後半はネタトークという構成になったのですが、今回も幅広い話題でかなり楽しめました。ただ、Discord使うとTwitterにログが残らないのはちょっとどうしようもないですね。

今回参加された方も次回は5分程度の短めのトークでよいのでなにか話すと良いかと思います。なにか得られるものがあるかもしれません。

  • einsum便利そう
  • gene2pubmedを使ってみないといけない
  • 高性能なマシンが欲しくなった(定期)

ちなみに自分の発表の元ネタとして採用した聖女の魔力は万能ですはだれも見てないのでは疑惑が浮上したので、次回はもう少し考えてチョイスしないといけないなぁというのが反省点かな。

それからもっと手を動かす時間を確保しないといけないなぁと。

Mishima.syk #17 やります

6/12にMishima.syk #17をやります。

今回もオンラインですが、次回は久々にオフラインでできるとよいですね。

私の発表タイトルは「量子の化学は万能です/Quantum chemistry is omnipotent」にしました。予習はこちらからどうぞ。

内容は

  • GCNとかDLのケモインフォマティクスって期待されてたほど上手くいってるの?盛ってない?
  • そこ畳み込みんじゃうの?まじで?
  • 化学構造をグラフで表現するの抽象化しすぎじゃないの?
  • 今更量子化学になにを期待してるの?
  • Psikit作ってたはずなのに何故GAMESSに回帰したの?

みたいな話をするつもりにしていますが聖女次第です。

ProductName 蜘蛛ですが、なにか? (カドカワBOOKS)
KADOKAWA / ¥1,188 (2015-12-10)

LLPS and DDS

先週はCBIの「液-液相分離(LLPS)と創薬」というセミナーを聞いてました。

感想としては「創薬との距離感相当ありますなぁ」という感じでした。完全に'Key and Lock'のコンセプトから外れてるし、天然変性タンパク質にこのコンセプトで干渉しようとするのもかなりハードル高そうに感じました。

どちらかというと、DDSの手法を用いて治療コンセプトを証明していくような方が自然なのかなぁと。オルガネラターゲティングとかの細胞内の局在コントロールみたいな。

ProductName 相分離生物学
東京化学同人 / ¥3,520 (2019-08-02)

なんとなくこれから求められていく治療コンセプトが、もっと上手に生体をハックしていく方向にシフトしていくのかなぁと。そうなってくると、分子生物学の知識がますます求められていくのだけど、それを理解するためには物理化学、化学も精通してないといけないという(LLPSなんて化学だしねぇ、でも解いているのは生物の問題という)。

ハードモードに突入するんでしょうかね?

エンドサイトーシスがよくわからない

13章を再読していた。

ProductName 細胞の分子生物学
ニュートンプレス / ¥19,800 (2010-01T)

肉じゃがとモダリティと私

いつもの産直詣でをしたところ、ちょうど出始めの新じゃがいもが手に入ったので肉じゃがを作ってみた。

作り方は至って簡単で、

新じゃがと豚バラを塊のまま蒸し器に放り込んで1時間以上放置。その後適当にザクザク切って片栗粉でとろみをつけただし醤油餡を回しかける

この肉じゃがの作り方の気に入っているところはオーソドックスな煮るタイプの肉じゃがと異なり、蒸していることつまり単に具材でなく調理プロセスという枠組みを再解釈しているところだ。

で、モダリティの話。

昨今のモダリティの議論は低分子から高分子といった具材に限定しているように思う。要するに「牛肉を豚肉に変えてみた」とか「砂糖の代わりにスプライトを入れてみました(これはこれで美味いw)」とか。

本当のモダリティとか、イノベーションっていうのはやっぱり枠組みを再考することでしか生まれないんじゃないかなぁと思いつつ肉じゃがを頂いたのであった。

ProductName 小山裕久の日本料理で晩ごはん
朝日新聞社 / ¥51 (2001-10T)

pygamessがTD-DFTとNMR計算をサポートしました

なんとなくこの本の15章をやりたくなったので、朝からゴニョゴニョしてた。色々できたのでバージョン上げておいた。

TD-DFT

データはおなじみのPubchemQCからダウンロードしてきてopenbabelでmolファイルにコンバートしたものを利用。

>>> from pygamess import Gamess
>>> from rdkit import Chem
>>> m = Chem.MolFromMolFile("examples/methyl_yellow.mol", removeHs=False)
>>> g = Gamess()
>>> g.dft_type("b3lyp", tddft=True)
>>> g.basis_sets("6-31G*")
>>> r = g.run(m)
>>> r.uv_spectra # (exitation ev, oscillator strength)

NMR spectra

これは時間がかかった(2020 MBAで30分以上)

>>> from pygamess import Gamess
>>> from rdkit import Chem
>>> m = Chem.MolFromMolFile("examples/C=CCBr.mol", removeHs=False)
>>> g = Gamess(num_cores=1) # PARALLEL EXECUTION IS NOT ENABLED.
>>> g.basis_sets("6-31G*") 
>>> g.run_type("nmr")
>>> r = g.run(m)
>>> r.isotropic_shielding

独習量子化学計算について

わかりやすくて良い本だった。ケミストだったら本書に沿って一通り手を動かしておけば、後々役に立つのではないかと思った。

こっちはいわゆるクックブックみたいな感じ

Free Ligand 1D NMR Conformational Signatures To Enhance Structure Based Drug Design

This was a very interesting paper.

The correlation of kon with free ligand preorganization implies 1D NMR signatures can augment structure−kinetic relationships; when kon is optimized by highly populated bioactive states, potency will be driven by koff.