熊本に行ってきました

熊本に行ってきました。新幹線で行ったのだけど、乗り継ぎのタイミングがシビアでお昼がとれなかった。

というわけで夕方遅めのラーメン@天外天。にんにくすごかった。

1558518546

夜はむつ五郎。右はなんとかぐるぐる

1558518536 1558518539

馬刺しの寿司とくまもん(焼酎名)

1558518532 1558518561

馬肉

1558518555 1558518575

からし蓮根も忘れなかった

1558518567

次の日は用事を終えたら、太平燕を食べた。あっさりしていて美味しかった。

1558518541 1558518570

帰りは真の「さくら」に乗れた。よい

1558518550 1558518552

和風のシートで日本酒をいただきながら帰った。

1558518573 1558518558

12月に熊本に行くことが決まっているので、今度は熊本城とか行きたい。

肉まん

連休の最終日に肉まんを作った。本当はsiopaoを作ってみたかったんだけど、味がわからんので今度フィリピンで食べたらトライしてみようと思う。

1558258413 1558258409

1558258411

粉物だったらとりあえずこれを買っておけば十分楽しめる

ProductName ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー・ウェン
高橋書店 / 1728円 ( 2001-11-30 )


curry

子供がチャーハンを所望したのだけど、僕はカレーが作りたい気分だったので両方作った。

今回ちょっと水を足しすぎてしまった。ヨーグルトを入れなかったので分量を見誤ったかも。

1557218087

自分の分だけジャスミンライスも炊いた。

1557218085

子どもたちは隣でチャーハンを食べてたw

たくあんのみじん切りをチャーハンに加えると美味しいという事実から、普通に大根のみじん切りを入れても良いのでは?とう発想に至り、実践した結果食感が良くなったのでこれはアリだという結論になった。

でも、チャーハンにひき肉入れたのは微妙だった。ちゃんと塩漬け肉は常備するべきだなと。

横浜に行ってきた

通勤が歩きなので、通勤靴には気を使っていて防水加工は必須。一昨年はcolumbiaの靴履いてて、去年はよくわからんairの入ってるやつ履いてたんだけど、イカれてくると歩くたびに口笛みたいなピーピー音がなるので辟易した。

今回またcolumbiaに戻すことにしたんだけど、近所にはショップがないので横浜まで(野毛経由でw)行ってきた。特に急ぐ必要もなかったので、Kindleにprime reading論文押し込んで各停の旅。

まじ捗った。Wikipathwaysとか面白そうですね。

今回ピオを攻めてきた。ゴールデンもつ

1557114359 1557114371

五の五

1557114362 1557114364

買い物後に土砂降りが来たのでピオに舞い戻ったw

1557114367

この店は名前忘れた。

神社フェスとラーメンフェス

近所の公園でラーメンフェスタを開催していたので、ちょっと覗いてきた。

静岡のラーメン屋さん。行列が少ないところにしてみた。

1557098851 1557098853

長野のラーメン屋さんで醤油ラーメン。子供が食べてた。

1557098858 1557098856

仙台のラーメン屋さん。牛タン塩ラーメン

1557098862 1557098849

ついでに神社でもライブがあったので、寄ってきた。

1557098847 1557098860

筍ごはん

先週作った筍ごはん。

それから、なまり節の賞味期限が切れそうだったので厚揚げと筍と一緒に炊いた。

1557098720 1557098722

好感度UPのシンプル英会話

サマー先生と英会話 !というyoutubeチャンネルをたまに見ているので、アフィリエイト料が入った流れで買ってみた。

ProductName CD付 好感度UPのシンプル英会話
サマー・レイン
ディーエイチシー / 1728円 ( 2018-08-09 )


part1はなかなかおもしろかったけどpart2のセンテンス集は基本的過ぎたので、itunesに突っ込んで流し聴きするくらいでよいかなと思った。

もともと娘に渡すつもりで買ったので特に問題はなかった。

QSP

医薬品研究開発における Modeling and Simulation(M & S)手法の紹介という大変に面白い総説を教えてもらって読んでいる。

これは、事前にTrkAがpainのターゲットであることを知っているからこういう結論に出来たのか、そういう事前知識なしに自然に導かれたのか興味あるところではある。モデルからターゲット候補が出てくるなんて素敵。

QSP モデルによって,今までのモデル解析ではできなかった予測を行った事例を以下に 2 例紹介する.1 つ目は,MID3 白書に取り上げられている神経成長因子(NGF)パスウェイに対する QSP 解析 により,疼痛治療の新規の創薬ターゲットを検討した事例(Example 3)である.この事例では,すで に報告されていた NGF パスウェイを ODE で記述される数理モデル(Model 1)に変換し,さらにその パスウェイモデルを関連因子の神経細胞内外での挙動を反映させたモデルに連結して生理学的に拡張し たモデル(Model 2)を作成して NGF パスウェイの下流での創薬ターゲット候補の探索を行っている. 効果測定の指標として NGF 刺激の結果として観察され,疼痛発現につながると考えられる Diphosphorylated extracellular signal-regulated kinase(dppERK)の蓄積量を用い,モデルの妥当性検討は すでに報告されている NGF 阻害抗体で得られている結果と比較することにより行った.こうして構築 されたモデル内に含まれる因子を,in silico で仮想的に様々な阻害強度で阻害する感度分析により, Tropomyosin receptor kinase A(TrkA)が薬物治療のターゲット候補となる可能性が予測された.

尚、MoAと書くと現状はBabymetalがおすすめされるようです。

ProductName 「LEGEND - S - BAPTISM XX - 」 (LIVE AT HIROSHIMA GREEN ARENA) [Blu-ray]

トイズファクトリー / 6471円 ( 2018-08-01 )


PK-SimってOSSになったの?

Mentality rather than modality

最近、バイオインフォマティクスのチームに兼務になりました。このバイオインフォマティクスチームに求められてることが、いわゆる普通のターゲットファインディング的なバイオインフォだけじゃなくてPKPD(今だとQSPって言うの?)でのインフォマティクス側からの貢献を求められたりするので10連休は色々勉強するよいチャンスだったりします。しかし、PKモデリングは基本的なところはわかるけど、PDは全然だから着いていくのつらいっす。

それから、組織内でモダリティのブームが起きているみたいなので、そっちのほうも色々キャッチアップしなきゃいけない。

で、自分の解釈でいうところのモダリティというのは、「従来のkey&lock型の低分子創薬を超えて、MOAをうまく利用して生体に干渉するような創薬をやりましょう」ってことだと思うんですよね。つまりライフハック。

そういう意味ではこれからの分子設計は低分子だけじゃなく、中分子や核酸やdegradationでも貢献する必要があるだろうし、創薬ターゲットのMOAに応じて柔軟に対応出来るような組織になっているべきでしょうね。と考えるとMOAを理解できることが必須になるんじゃないですかね。

というわけで、分子生物学も少し復習しないとなぁという気分になったのでそれっぽい本を読んでいました。遺伝子ドライブ面白いですね。

ProductName ゲノム編集の基本原理と応用: ZFN,TALEN,CRISPR-Cas9
山本 卓
裳華房 / 2808円 ( 2018-06-06 )


コラムにCRISPRdirectが紹介されていて、「あー作者の人知っとるわ」ってなった。